リンク切れ

現在、以下のリンク切れがあります:2016年1-3月のプレスリリース・報道関係各位一斉メール・日報、2014年3月以前の動画、滞留水のPDF資料、2012年のプレスリリースの一部。2012年のプラントパラメータ関連の一部。詳細はこちら。

更新情報

3月

  • 27日:26日の記事を掲載。
  • 26日:「地下水バイパスによる放射能放出量」のページを更新。
  • 26日:25日のサブドレン他水処理施設排水の項に追記「(以下、26日の日報より)16:41に排水を停止。排水量は982m3。」
  • 26日:17日に廃炉・汚染水対策現地調整会議(第38回)の資料を追加。
  • 26日:25日の記事を掲載。
  • 26日:24日の記事を掲載。
  • 24日:23日の記事を掲載。
  • 24日:22日のサブドレン他水処理施設排水の項に追記「(以下、23日の会見資料より)16:24に排水を停止。排水量は941m3。」
  • 23日:22日の1号機格納容器内部調査(B2調査)の項で、ジェットデフレクターと思われる構造物について追記「変形はしていないように見える(熱による影響が及んでいないのかもしれない)。」
  • 23日:22日の記事を掲載。
  • 22日:21日の記事を掲載。
  • 21日:20日の記事を掲載。
  • 20日:19日の記事を掲載。
  • 20日:13日の1号機格納容器内部調査(B2調査)の項で、ペデスタル内外のドレンサンプピットをつなぐ配管の直径を訂正。「この2つを直径90mm150mm(19日訂正)長さ1.6mの配管がつないでいる。」
  • 20日:18日のサブドレン他水処理施設排水の項に追記「(以下、19日の日報より)16:35に排水を停止。排水量は945m3。」

2017年3月26日(日)

今日のお仕事


プラント関連パラメータ(PDF) 午前5時時点 午前11時時点

滞留水の水位・移送・処理の状況(PDF)12時時点

1号機R/Bカバー解体作業。今日は休工。

2号機原子炉注水量の低減(11月24日、3月6日参照)、7日より実施中。元々の注水量4.5m3/hを7、15、22日に0.5m3/hずつ減らし、現在の注水量は約3.0m3/h。プラントパラメータを監視し、冷却状態が安定していることが確認されれば3月29日に作業終了の予定。

多核種除去設備ALPSのホット試験。A系で2013年3月30日より、B系で2013年6月13日より、C系で2013年9月27日より実施中。2015年5月-2016年4月に長期点検・改造工事(2015年5月28日、12月17日、2016年4月26日参照)を実施。
増設多核種除去設備のホット試験。A系で2014年9月17日より、B系で2014年9月27日より、C系で2014年10月9日より実施中。
高性能多核種除去設備のホット試験。2014年10月18日より実施中。


その他


サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクB(22日採取)と集水タンクNo.2(19日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF 67.2KB)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が850Bq/L、第三者機関が900Bq/L。全β濃度は東電がND(<2.7Bq/L)、第三者機関が0.40Bq/L。

構内排水路の排水の分析結果(2015年3月4日参照)。25日採取分。
福島第一原子力発電所構内排水路のサンプリングデータについて(PDF 325KB)

1号機放水路上流側立坑でCs濃度が上昇した件(2014年10月23日)および2号機放水路上流側立坑で全β放射能(90Sr)濃度が上昇した件(2015年5月14、15日、6月22日参照)。24日採取分。
福島第一原子力発電所構内1号機、2号機放水路サンプリング結果(PDF 190KB)


福島第一原子力発電所の状況について(日報)【午後3時現在】(プレスリリース)



地下水バイパスによる放射能放出量

2014年6月15日作成
2015年5月13日改訂

地下水バイパスの地下水排水による海洋への放射能(トリチウム (3H)と90Sr)放出量を積算していきます。
第1回目の排水は2014年5月21日。2017年3月21日の160回目排水までの合計排水量は265,279m3

2017年3月21日までのトリチウム放出量:4.2×1010 Bq
2017年1月末までの90Sr放出量:< 1.5×106 Bq*
* 排水中の90Sr濃度の分析値が検出限界値未満の場合は、検出限界値を濃度として計算しています。したがって、この数値は実際の放出量ではなく、放出量の上限を与えるものです。

放出量は、排水した地下水の放射能濃度と排水量をかけ合わせて求めます。ここで使用する放射能濃度分析は、一時貯留タンク貯留水の分析(排水ごと)と、加重平均サンプルの分析(月1回)の2種類があります。加重平均サンプルとは、その月に実施した排水ごとに保存しておいたサンプルを、各回の排水量実績に比例した割合で混ぜた物を言います。90Srは加重平均サンプルでは分析しますが排水ごとには分析しません(分析に手間暇がかかるため)。トリチウムはいずれも分析します。90Srの分析には約1ヶ月を要するので、加重平均サンプルの分析結果が出るのは、翌々月の初め頃になります(たとえば、2014年5月の加重平均サンプルの分析値は7月3日に公表された)。
トリチウムは、排水ごとの放出量を積算します。排水ごとのトリチウム放出量は、

一時貯留タンクのトリチウム濃度(単位:Bq/L、第三者機関による分析値)× 排水量(単位:トン、排水時の発表)×1000

で求めます。ただし、加重平均サンプルの分析値が出た月については、

加重平均サンプルのトリチウム濃度(単位:Bq/L、第三者機関による分析値)×その月の合計排水量(単位:m3、分析値に添付されるタンクグループごとの累計排水量の合計)×1000

でその月の放出量を求め、排水ごとの放出量の積算を置き換えます。
90Srは、加重平均サンプルの分析結果が出るごとに積算していきます。放出量の求め方はトリチウムと同じです。
分析結果が検出限界値未満の場合は、検出限界値の濃度の放射能を含むものとして扱います。


参考:
地球上に存在するトリチウムの総量は1.3×1018Bq*1。また、1年に7.2×1016Bqのトリチウムが大気上層で宇宙線により生成される*1。トリチウムの半減期は12.3年で、ベータ崩壊する。
成人の経口摂取によるトリチウムの実効線量係数は有機結合型(体内の組織に有機化合物として取込まれた状態)で4.2×10-11Sv/Bq(体内で水として存在する場合は1.8×10-11Sv/Bq)*2
90Srの実効線量係数は2.8×10-8Sv/Bq、137Csは1.3×10-8Sv/Bq、(いずれも成人)*3
*1 UNSCEAR 2000 REPORT Vol. I, Annex B(Table 4に数字がある)
*2 トリチウムの環境中での挙動 (09-01-03-08) - ATOMICA -
*3 国際放射線防護委員会(ICRP)の放射性核種の体内摂取に伴う線量評価モデルについて

地下水バイパスに関する資料:
福島第一原子力発電所 地下水バイパスについて(PDF 2.54MB)(2014年5月20日福島県廃炉安全監視協議会資料)
地下水バイパスのために汲み上げた地下水が運用目標等以上となった場合の対応方針(PDF 87.4KB)(同上)
地下水バイパスの排水基準について(PDF 29.5KB)(2014年2月3日会見資料)


加重平均サンプルの分析結果(*がついている月は、分析結果に検出限界値未満を含む)
月, トリチウム濃度(Bq/L), 90Sr濃度(Bq/L), 排水量(m3)
5月, 200, 0.025, 1202
6月, 150, 0.013, 7433
7月, 290, 0.0078, 9156
8月*, 270, 0.0050, 11843
9月*, 180, 0.0050, 9387
10月*, 170, 0.0052, 9418
11月*, 120, 0.0066, 8911
12月*, 100, 0.0055, 8487
1月*, 130, 0.0046, 9699
2月*, 150, 0.0059, 8255
3月*, 130, 0.0059, 7410
4月*, 110, 0.0057, 7428
5月*, 100, 0.0051, 7867
6月*, 92, 0.0059, 6252
7月*, 90, 0.0054, 4149
8月*, 120, 0.0048, 7607
9月*, 150, 0.0049, 9792
10月*, 180, 0.0052, 8055
11月*, 160, 0.0058, 6547
12月*, 160, 0.0054, 8579
1月*, 140, 0.0048, 7220
2月*, 160, 0.0060, 5812
3月*, 210, 0.0064, 7030
4月*, 180, 0.0053, 5538
5月*, 180, 0.0058, 7939
6月*, 180, 0.0065, 6241
7月*, 190, 0.0045, 6458
8月*, 160, 0.0051, 8165
9月*, 150, 0.0054, 7032
10月*, 170, 0.0077, 8244
11月*, 150, 0.0067, 10094
12月*, 140, 0.0069, 7422
1月*, 150, 0.0052, 9030

地下水バイパス排水の履歴
日付, タンク名, トリチウム濃度(Bq/L), 排水量(t), トリチウム放出量(Bq)
5/21, Gr1, 240561, 1.3E+08
5/27, Gr3, 150, 641, 9.6E+07

2017年3月25日(土)

今日のお仕事


プラント関連パラメータ(PDF) 午前5時時点 午前11時時点

滞留水の水位・移送・処理の状況(PDF)12時時点

1号機R/Bカバー解体作業
本日の作業実績(PDF):ダストモニター取付、柱・梁取り外し準備。作業時間は07:58-09:37。モニタリングポスト、ダストモニターに有意な変動は無し。
27日(月)の予定:カバーダクト蓋撤去、柱・梁取り外し準備(作業予定時間:07:00-14:00)。

2号機原子炉注水量の低減(11月24日、3月6日参照)、7日より実施中。元々の注水量4.5m3/hを7、15、22日に0.5m3/hずつ減らし、現在の注水量は約3.0m3/h。プラントパラメータを監視し、冷却状態が安定していることが確認されれば3月29日に作業終了の予定。

多核種除去設備ALPSのホット試験。A系で2013年3月30日より、B系で2013年6月13日より、C系で2013年9月27日より実施中。2015年5月-2016年4月に長期点検・改造工事(2015年5月28日、12月17日、2016年4月26日参照)を実施。
増設多核種除去設備のホット試験。A系で2014年9月17日より、B系で2014年9月27日より、C系で2014年10月9日より実施中。
高性能多核種除去設備のホット試験。2014年10月18日より実施中。

サブドレン他水処理施設、09:57に一時貯水タンクAから排水を開始
(以下、26日の日報より)16:41に排水を停止。排水量は982m3


その他


地下水バイパス揚水井(奇数番+No.10)のサンプリング結果。23日採取分。
福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果(PDF 34.7KB)
No.10のトリチウムは2000Bq/L。

構内排水路の排水の分析結果(2015年3月4日参照)。24日採取分。
福島第一原子力発電所構内排水路のサンプリングデータについて(PDF 285KB)


福島第一原子力発電所の状況について(日報)【午後3時現在】(プレスリリース)


2017年3月24日(金)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況(記者会見資料)(PDF 19.9KB)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前5時時点 午前11時時点

滞留水の水位・移送・処理の状況(PDF)12時時点

1号機R/Bカバー解体作業
本日の作業実績(PDF):ダストモニター取付。作業時間は08:13-09:49。モニタリングポスト、ダストモニターに有意な変動は無し。
明日の予定:ダストモニター取付(作業予定時間:08:00-10:00)。来週は「柱・梁取り外し準備」の後、31日(金)に「柱・梁取り外し」開始(3頁)。

2号機原子炉注水量の低減(11月24日、3月6日参照)、7日より実施中。元々の注水量4.5m3/hを7、15、22日に0.5m3/hずつ減らし、現在の注水量は約3.0m3/h。プラントパラメータを監視し、冷却状態が安定していることが確認されれば3月29日に作業終了の予定。

多核種除去設備ALPSのホット試験。A系で2013年3月30日より、B系で2013年6月13日より、C系で2013年9月27日より実施中。2015年5月-2016年4月に長期点検・改造工事(2015年5月28日、12月17日、2016年4月26日参照)を実施。
増設多核種除去設備のホット試験。A系で2014年9月17日より、B系で2014年9月27日より、C系で2014年10月9日より実施中。
高性能多核種除去設備のホット試験。2014年10月18日より実施中。

サブドレン他水処理施設、10:05に一時貯水タンクGから排水を開始
(以下、25日の日報より)16:47に排水を停止。排水量は973m3


その他


南防波堤の灯台を3月24日に復旧した。
福島第一原子力発電所 灯台の復旧について(PDF 138KB)

水処理週報
東京電力ホールディングス株式会社 福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第296報)(プレスリリース)

サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクA(20日採取)と集水タンクNo.1(18日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF 17.0KB)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が840Bq/L、第三者機関が910Bq/L。全β濃度は東電がND(<2.4Bq/L)、第三者機関が0.37Bq/L。明日25日に排水の予定。

構内排水路の排水の分析結果(2015年3月4日参照)。23日採取分の分析結果と22日のトリチウムの結果。
福島第一原子力発電所構内排水路のサンプリングデータについて(PDF 325KB)

1号機放水路上流側立坑でCs濃度が上昇した件(2014年10月23日)および2号機放水路上流側立坑で全β放射能(90Sr)濃度が上昇した件(2015年5月14、15日、6月22日参照)。22日採取分。
福島第一原子力発電所構内1号機、2号機放水路サンプリング結果(PDF 158KB)
1号機、トリチウム濃度が上流と下流で同じくらいだったのが21日の降雨の後、上流側が下流側の半分になった。

T/B東側の観測孔で50万Bq/Lのトリチウムが検出された件(2013年6月19日、7月22日参照)
タービン建屋東側における地下水及び海水中の放射性物質濃度の状況について(PDF 3.33MB)


東京電力ホールディングス株式会社お知らせ第2回 東京電力ホールディングス・新潟県合同検証委員会の資料について(お知らせ)



福島第一原子力発電所の状況について(日報)【午後3時現在】(プレスリリース)

2017年3月23日(木)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況(記者会見資料)(PDF 20.8KB)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前5時時点 午前11時時点

滞留水の水位・移送・処理の状況(PDF)12時時点

1号機R/Bカバー解体作業
本日の作業実績(PDF):飛散防止剤散布。作業時間は08:10-14:00。モニタリングポスト、ダストモニターに有意な変動は無し。
明日の予定:ダストモニター取付、柱・梁取り外し準備(作業予定時間:07:30-14:00)。

2号機原子炉注水量の低減(11月24日、3月6日参照)、7日より実施中。元々の注水量4.5m3/hを7、15、22日に0.5m3/hずつ減らし、現在の注水量は約3.0m3/h。プラントパラメータを監視し、冷却状態が安定していることが確認されれば3月29日に作業終了の予定。

多核種除去設備ALPSのホット試験。A系で2013年3月30日より、B系で2013年6月13日より、C系で2013年9月27日より実施中。2015年5月-2016年4月に長期点検・改造工事(2015年5月28日、12月17日、2016年4月26日参照)を実施。
増設多核種除去設備のホット試験。A系で2014年9月17日より、B系で2014年9月27日より、C系で2014年10月9日より実施中。
高性能多核種除去設備のホット試験。2014年10月18日より実施中。

サブドレン他水処理施設、10:03に一時貯水タンクFから排水を開始
(以下、24日の会見資料より)16:12に排水を停止。排水量は892m3


その他


昨日22日に実施した1号機格納容器内部調査(B2調査)ステップ2(自走式調査装置による内部調査)5日目の結果速報。
1号機PCV内部調査進捗(22日調査速報)(PDF 1.17MB)
作業時間は09:50-19:10。インストール班(調査装置回収を実施)5人/班×6、オペレーション班が4人/班×2、合計77人が従事。計画線量は2.5mSv/日、実績は平均が0.31mSv/人、最大が1.03mSv/人。測定点D2近傍とD0で再調査を実施した。調査終了後、装置はX100Bペネから回収し、R/B内に仮置きしている。
調査は5日間で合計10カ所で実施。装置の累積被曝線量は900Gyを少し超えたくらい。カメラは、放射線の影響で最終日に少し画質の劣化が見られたが、問題なく調査を終えることができた。
測定点D2近傍では、21日と同様に、格納容器床面から約0.9mの深さに砂状の堆積物を確認(計測ユニットを堆積物の表面にギリギリ接触するあたり(カメラ映像はブラックアウトするが、吊り下げケーブルのテンションは低下しない程度)まで下ろした)。1頁右写真は接触する直前の状況で、計測ユニットの影が映っている。カメラの焦点距離は10cm程度(22日の報告ではカメラと堆積物の距離を0.2-0.3mとしたが、10cmに訂正する。したがって、21日に調査したD1-D2間の測定点3カ所でも、堆積物の表面の深さは格納容器底部から約0.9m)。この最下点での線量率は9.4Sv/h、グレーチング上は9.3Sv/h。計測ユニットは堆積物表面に接触したが、引き上げる際には周辺の水が濁るような巻き上がりは生じなかった。前回調査(2015年4月)では堆積物に少し接触するだけで濁りが生じていたが、今回はそれとは違う印象だった。
D0では2カ所で調査を実施。1カ所目は、18日の調査で確認したのと同じバルブに、より近づいた(18日は床面から約1mだったが、今回は0.6m。2頁右写真)。バルブの奥に格納容器の床と思われる平らな場所が見える。その表面には砂状の堆積物が一様に積もっており、その下に燃料デブリを思わせるようなゴツゴツしたものは見られない。また、バルブを含め周辺の構造物の形に変形は見られない。最下点の線量率は1.6Sv/h、グレーチング上は6.7Sv/h。
2カ所目(場所は精査中)では、床面から約0.3mの深さまで計測ユニットを下ろした(3頁右写真)。平らな床面の上に青く見える堆積物(実際の色は評価中)が転がっており、その上を含めて砂状の堆積物が一様に積もっている。最下点の線量率は5.4Sv/h。グレーチング上は3.6Sv/h。
各測定点での線量率の深さ変化を見ると、BGとD0は似ている(D0にはデブリはないのかもしれない)が、D1・D2はBGと異なっている(堆積物の下にデブリがあるかもしれない)。今後、詳細に評価してデブリの分布について判断したい。
測定点として事前に選んだ場所はすべて、干渉物がなくて平らな床が広がっている場所を設計図面等を調べて選定したが、実際の調査では、グレーチングの状態が健全ではなく(ゆがみや堆積物などのため)計測ユニットを下ろすスキマを確保できない場所があった。また、グレーチング割りは現場合わせのところがあって、事前には十分に判明していたかった。グレーチング下の干渉物についても、追加設置された設備(たとえば、遮へい体や照明用ケーブルのサポートなどが考えられる)については図面がなく、すべてを把握できていなかったため、実際の調査では干渉物を避けるために測定点の選定にてこずることになった。D1-D2間で確認された堆積物の高さが床面から0.9mあることについては、その下に何があるのか、さらに図面等で調査する。
ステップ2実施にあたり、各種モニタリング等により、環境への影響はないことを確認している(4-7頁)。今回のような調査が環境へ影響することなく実施できたことは、大きな成果であると考える。
ステップ2全体の結果について、27日(月)に、取得した動画の公開、および、それまでに判明した評価結果の紹介を予定している。
ステップ3(堆積物のサンプリング)では、格納容器床面近くにホースを下ろして水を吸い上げ、フィルターで堆積物を集める。2月23日の説明とはちと話が違うような。
中長期ロードマップでは、今年の夏頃に燃料デブリ取り出しの方針を決定することになっているが、それまでに、2号機ではA2調査の追加調査、3号機でも格納容器内部調査を実施する予定。1号機では、追加調査をするかどうか今後検討する。
今回の調査を遂行したIRIDと日立GEに感謝する。

地下水バイパス一時貯留タンクの貯留水の評価結果
地下水バイパス揚水井のくみ上げにおける一時貯留タンクに対する評価結果について(PDF 79.0KB)
2015年11月12-16日と2017年2月3日-3月16日採取分のデータで評価を実施。結果は、運用目標を超えず。
地下水バイパス揚水井のくみ上げにおける一時貯留タンクに対する評価結果について(その2)(PDF 79.0KB)
20日のデータを追加して評価を実施。結果は、運用目標を超えず。
揚水井No.10でトリチウム濃度が運用目標をこえているため実施中。

サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクG(19日採取)と集水タンクNo.3(16日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF 17.0KB)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が760Bq/L、第三者機関が830Bq/L。明日24日に排水の予定。

構内排水路の排水の分析結果(2015年3月4日参照)。22日採取分。
福島第一原子力発電所構内排水路のサンプリングデータについて(PDF 1.28MB)

凍土遮水壁の状況
陸側遮水壁の状況(第二段階)(PDF 7.23MB)




ニコ生
《1号機原子炉 内部調査後》【2017年3月23日】東京電力 記者会見

文字起こし、実況など
政府・東京電力 統合対策室 合同記者会見: 東電会見 2017.3.23(木)17時 ~




2017年3月22日(水)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況(記者会見資料)(PDF 21.2KB)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前5時時点 午前11時時点

滞留水の水位・移送・処理の状況(PDF)12時時点

1号機格納容器内部調査(B2調査)ステップ2(自走式調査装置による内部調査)、5日目を実施。2月23日、3月9、13日参照。
測定点D2とD0の調査をおこなっている。これまでは堆積物に接触しないよう保守的な運用(13日参照)をしてきたが、今日は最終日なので、堆積物の性状を見るためにあえて近づくことも予定している。ステップ2は今日で終了。今後は、ステップ3(堆積物のサンプリングと計器の再設置)へ移行する。
1号機PCV内部調査進捗(21日調査速報)(PDF 0.97MB)
21日の結果速報。作業時間は09:50-19:30。インストール班が5人/班×6、オペレーション班が4人/班×2、合計62人が従事。計画線量2.5mSv/h、実績は平均0.16mSv/人、最大0.75mSv/人。
まず、測定点D3で調査を実施。その後、D1にもどって、D1とD2の間で3カ所(詳細な位置は今後精査する)調査した。
ジェットデフレクター概要図測定点D3(格納容器シェルに燃料デブリが到達しているかどうかを見る)では、計測ユニットを格納容器床面より約1.6m(数字は今後精査予定)のところまで下ろした時点で、ジェットデフレクター(2012年10月10日参照。右図は今日の会見で示された図(2015年4月30日の資料26頁から抜粋)で配布資料にはない)と思われる構造物を確認(1頁右写真。これのどこがジェットデフレクターなのか、さっぱりわからない。画面やや右寄りの黄色い縦長のがジェットデフレクター本体の厚みの部分で、それより右側のザラザラしているのがデフレクターの表面なのかしらん。2012年10月の調査で、X100Bペネ直下のジェットデフレクターを見ている。2012年10月10、11日参照。この時も、砂状の堆積物と青く見える小さな塊が見えている)。ジェットデ
フレクター(直径およそ2m)とすれば、その上部1/3くらいが見えていると思われる。変形はしていないように見える(熱による影響が及んでいないのかもしれない)。これより下はこの構造物が干渉して到達できず、格納容器の床面は観察できなかった。最下点での線量率は3.0Sv/h、グレーチング上の線量率は10Sv/h。
D1からD2にかけての3カ所では、いずれも格納容器床面より約0.9m(数字は今後精査予定)のところまで下ろした時点で、測定点BGと同様の砂状の堆積物を確認(2-4頁右写真)。最初のポイント(2頁)では、穴の開いた金具が見えるが、これは鉛の遮へい材を吊るすための金具と思われる。カメラから堆積物までの距離は0.2-0.3m程度であり、堆積物の高さは床面から0.6-0.7mとなるが、堆積物がこの厚みで堆積しているのか(これは少し考えにくい)、堆積物の下に何かの構造物があるのか、その他の堆積物があるのか、詳細はまだわからない。3カ所の最下点とグレーチング上の線量率は、6.3Sv/h・8.4Sv/h、5.9Sv/h・8.2Sv/h、7.4Sv/h・9.2Sv/h(D1付近→D2付近の順)。
19日に測定した測定点BGでの線量率(21日参照)は、最下点(格納容器床面から0.3m)での値が最大(11Sv/h)で、上に行くと急激に低下して床面から1mあたりが最小となり、その後はゆるゆると上昇して、水面(床面から3.5m)から出ると不連続に増え(水による遮へいがなくなるため)、グレーチング(床面から5m)まであまり変化がない、というプロファイルになっている。BGの床面には堆積物しかないと考えると、この堆積物自体がそれなりの線量を持っていることになる。今後、各測定点で得られた線量率の深さ変化をBGと比較して、燃料デブリのあるなしを評価していく。
1号機T/B地下たまり水移送、たまり水の更なる水位低下を目的として最下階の床面よりも低い位置(床ドレンサンプ。3月2日参照)新たなポンプを追加設置してあったが、同ポンプによるたまり水移送準備が整ったことから、10:19に運用を開始した。運転状態については、異常がないことを確認。
1号機R/Bカバー解体作業
本日の作業実績(PDF):資機材整備。モニタリングポスト、ダストモニターに有意な変動は無し。
明日の予定:飛散防止剤散布(作業予定時間:07:30-14:00)。

2号機原子炉注水量の低減(11月24日、3月6日参照)、7日より実施中。今日22日10:10-10:23に3回目の操作(ステップ3)を実施し、注水量を3.3m3/hから2.9m3/hに減らした(1回目は7日、2回目は15日に実施)。これで、最終的に予定していた注水量まで到達した。操作前後において、圧力容器底部温度、格納容器内温度、格納容器ガス管理システムのダストモニター等のプラントパラメータに有意な変動がないことを確認。引き続き、プラントパラメータを監視し、冷却状態が安定していることの確認をおこなう。
福島第一原子力発電所2号機 原子炉注水量低減の進捗状況について(PDF 677KB)
15日の低減操作から1週間経過したが、圧力容器底部温度、格納容器内温度、格納容器ガス管理システムのダストモニターに大きな上昇はなく、冷却状態に異常ない。

多核種除去設備ALPSのホット試験。A系で2013年3月30日より、B系で2013年6月13日より、C系で2013年9月27日より実施中。2015年5月-2016年4月に長期点検・改造工事(2015年5月28日、12月17日、2016年4月26日参照)を実施。
増設多核種除去設備のホット試験。A系で2014年9月17日より、B系で2014年9月27日より、C系で2014年10月9日より実施中。
高性能多核種除去設備のホット試験。2014年10月18日より実施中。

サブドレン他水処理施設、09:56に一時貯水タンクEから排水を開始
(以下、23日の会見資料より)16:24に排水を停止。排水量は941m3


その他


地下水バイパス揚水井(偶数番)のサンプリング結果。20日採取分。
福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果(PDF 121KB)
No.10のトリチウムは1800Bq/L。

地下水バイパス揚水井No.10のサンプリング結果。16日採取分(18日既報)の第三者機関の分析結果。
福島第一 地下水バイパス揚水井 No.10 分析結果(PDF 120KB)

サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクF(18日採取)と集水タンクNo.2(15日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF 16.9KB)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が810Bq/L、第三者機関が850Bq/L。明日23日に排水の予定。

構内排水路の排水の分析結果(2015年3月4日参照)。21日採取分。
福島第一原子力発電所構内排水路のサンプリングデータについて(PDF 262KB)

1号機放水路上流側立坑でCs濃度が上昇した件(2014年10月23日)および2号機放水路上流側立坑で全β放射能(90Sr)濃度が上昇した件(2015年5月14、15日、6月22日参照)。20日採取分。
福島第一原子力発電所構内1号機、2号機放水路サンプリング結果(PDF 158KB)

今日、規制委の第52回特定原子力施設監視・評価検討会があった。その際の資料。
(第52回特定原子力施設監視・評価検討会)福島第一原子力発電所の現状と周辺環境に与える影響について(PDF 12.0MB)
(第52回特定原子力施設監視・評価検討会)建屋滞留水の水位管理の変更について(PDF 974KB)
(第52回特定原子力施設監視・評価検討会)1号機原子炉格納容器内部調査について(PDF 1.12MB)
(第52回特定原子力施設監視・評価検討会)フランジ型タンク解体時の放射線防護について(PDF 853KB)


東京電力ホールディングス株式会社 「新々総合特別事業計画」の骨子の策定について(プレスリリース)



ニコ生
《1号機原子炉 内部調査後》【2017年3月22日】東京電力 記者会見

文字起こし、実況など
政府・東京電力 統合対策室 合同記者会見: 東電会見 2017.3.22(水)17時 ~




2017年3月21日(火)

今日のお仕事


福島第一原子力発電所の状況(記者会見資料)(PDF 147KB)

プラント関連パラメータ(PDF) 午前5時時点 午前11時時点

滞留水の水位・移送・処理の状況(PDF)12時時点

1号機格納容器内部調査(B2調査)ステップ2(自走式調査装置による内部調査)、4日目を実施。2月23日、3月9、13日参照。
1号機PCV内部調査進捗 ~19日・20日調査速報~ (PDF 2.88MB)
19、20日の結果速報
19日の作業作業時間は10:00-19:20。インストール班(調査装置の投入・回収の他に、現場での作業をおこなう)5人/班×6班、オペレーション班(装置を操作する)4人/班×2、放射線管理員を含めて計61人(延べ人数ではない、とのこと。じゃ、19日の報告も実人数なのかしら)が従事。計画線量2.5mSv/日、実績は平均が0.15mSv/人、最大が0.69Sv/人。
20日の作業作業時間は09:50-20:00。インストール班が5人/班×6班、オペレーション班が4人/班×2、放射線管理員を含めて計72人が従事。計画線量2.5mSv/日、実績は平均が0.13mSv/人、最大が0.69Sv/人。
19日は測定点BGで測定を実施。計測ユニットを格納容器床面より約0.3m(繰り出したケーブルの長さから推定。今後、取得した映像から精査する)のところまで下ろして線量測定を実施。その後、5cm刻みで計測ユニットを引き上げ静置して各深さでの線量を測定した。最下点での線量率は11Sv/h、グレーチング上の線量率は3.8Sv/h。最下点で取得した映像(1頁右上)を見ると、格納容器床面には構造物はなく、砂状の堆積物が一様に積もっているように見える。たまり水中の線量率は最下点が一番高く、引き上げるに従って減少した。床面上の堆積物は、線量率、砂のような見た目から燃料デブリではないと考えるが、何かはわからない。。
20日は測定点D2とD3を調査。D2では計測ユニットを下ろしたところに配管があり、これと干渉したために最下点は格納容器床面から約1m(数字は今後精査予定)のところとなった。最下点で撮影した映像(2頁右)では、配管の上に青く見える堆積物(この青い色は、動画を見るとこの色に見えない場面もあり、カメラの具合で青く見えるだけなのではないか)があり、その上に、測定点BGでも見られた砂状の堆積物がかぶっているように見える。配管は画面の左上から右下に伸びていて、ほぼ画面全体の太さ(右上の暗がりは配管の向こうが見えている)。配管の下の床面は見えなかった。青く見える堆積物が何かはわからない(鉛の遮へい体、ケーブルの被覆、アルミニウム製の空調ダクトなどが溶けたものかもしれない)。この部分は床面から1mの高さにあることから、青く見える堆積物は燃料デブリではないと考える(ペデスタル開口部を通って出てきた燃料デブリが高さ1mまで盛り上がっているとは考えにくい)。D2での最下点の線量率は6.3Sv/h、グレーチング上は12Sv/h。
その後、D3に移動しようとしたが、近くに主蒸気配管(2頁左図。格納容器の左上側から生えている4本の配管)のサポートがあり、これと干渉して通過できないリスクがあったため、D1へ移動して昨日の調査は終了した。今日はD1で調査の予定だったが、ペデスタル開口部に近いD3での調査を優先して実施し、D1はD3のあとにする予定。また、18日に調査したD0の再調査(19日参照)など積み残しが増えてきたので、検討の結果、調査予定を1日延長して明日22日までとする。今後の調査内容は今後検討する(D2を再調査する可能性もあり)。明日も17:00より臨時会見を予定。
環境への影響について(5-7頁)。この調査による環境への影響はない。格納容器側壁のコンクリートは約1.7m以上、底部にもコンクリートを打ってあり(最厚で約2.6m)、その下はR/Bの分厚い鉄筋コンクリート(約7.6m以上)になっている(5頁)。これらの厚い遮へいにより、格納容器内部の放射線は遮へいされている。また、調査により格納容器内部の気体が外に漏れないような仕組みを作っており、装置を投入するX100Bペネ付近にダストモニターを設置してダスト濃度をモニターしているが異常はない。敷地境界においては、モニタリングポストダストモニターで常時監視しており、調査による有意な変動は観測されていない。原子炉の冷却状況も同様であり、1号機格納容器内温度に変動はない。
1号機R/Bカバー解体作業
本日の作業実績(PDF):資機材整備。モニタリングポスト、ダストモニターに有意な変動は無し。
明日の予定:資機材整備。

2号機原子炉注水量の低減(11月24日、3月6日参照)、7日より実施中。元々の注水量4.5m3/hを7、15日に0.5m3/hずつ減らし、現在の注水量は約3.5m3/h。問題なければ、次の低減操作は22日の予定。

多核種除去設備ALPSのホット試験。A系で2013年3月30日より、B系で2013年6月13日より、C系で2013年9月27日より実施中。2015年5月-2016年4月に長期点検・改造工事(2015年5月28日、12月17日、2016年4月26日参照)を実施。
増設多核種除去設備のホット試験。A系で2014年9月17日より、B系で2014年9月27日より、C系で2014年10月9日より実施中。
高性能多核種除去設備のホット試験。2014年10月18日より実施中。

地下水バイパス、09:55-15:25に一時貯留タンクGr1から排水を実施。排水量は1339m3


その他


サブドレン他水処理施設、一時貯水タンクE(16日採取)と集水タンクNo.1(13日採取)の分析結果
サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果(PDF 16.9KB)
一時貯水タンクの分析結果は東電、第三者機関のいずれも運用目標を超えず。トリチウム濃度は東電が770Bq/L、第三者機関が830Bq/L。明日22日に排水の予定。

構内排水路の排水の分析結果(2015年3月4日参照)。20日採取分の分析結果と3-9日の流量データ。
福島第一原子力発電所構内排水路のサンプリングデータについて(PDF 327KB)

T/Bへの地下水ドレン等の移送量の推移。3-15日の移送量。
建屋への地下水ドレン移送量・地下水流入量等の推移(PDF 203KB)
この週は降水量が37.5mmとまとまった降雨があったが、地下水ドレンからT/Bへの移送量は増えなかった。地下水ドレン前処理装置(9月28日参照)の運用開始(1月30日参照)により、降雨時にくみ上げ水中の塩分や全β濃度が上昇しても、T/Bではなく浄化装置へ移送できるようになったためと考える。

実施計画の変更認可申請(1月5日提出)が17日に規制委に認可された。
東京電力ホールディングス株式会社 「福島第一原子力発電所特定原子力施設に係る実施計画」の変更認可申請の認可について(プレスリリース)
認可:地下貯水槽の一部撤去、ブルータンク(ブルータンクエリアA)とモバイル型ストロンチウム除去装置(A系統)の移設に関する記載の変更および地下水ドレンの運転管理に関する記載の適正化



ニコ生
《1号機原子炉 内部調査後》【2017年3月21日】東京電力 記者会見

文字起こし、実況など
政府・東京電力 統合対策室 合同記者会見: 東電会見 2017.3.21(火)17時 ~




2017年3月20日(月・春分の日)

今日のお仕事


プラント関連パラメータ(PDF) 午前5時時点 午前11時時点

滞留水の水位・移送・処理の状況(PDF)12時時点

1号機格納容器内部調査(B2調査)ステップ2(自走式調査装置による内部調査)、3日目。2月23日、3月9、13日参照。
1号機R/Bカバー解体作業
本日の作業実績(PDF):資機材整備。モニタリングポスト、ダストモニターに有意な変動は無し。
明日の予定:資機材整備。

2号機原子炉注水量の低減(11月24日、3月6日参照)、7日より実施中。元々の注水量4.5m3/hを7、15日に0.5m3/hずつ減らし、現在の注水量は約3.5m3/h。問題なければ、次の低減操作は22日の予定。

多核種除去設備ALPSのホット試験。A系で2013年3月30日より、B系で2013年6月13日より、C系で2013年9月27日より実施中。2015年5月-2016年4月に長期点検・改造工事(2015年5月28日、12月17日、2016年4月26日参照)を実施。
増設多核種除去設備のホット試験。A系で2014年9月17日より、B系で2014年9月27日より、C系で2014年10月9日より実施中。
高性能多核種除去設備のホット試験。2014年10月18日より実施中。

08:30頃、G7タンクエリア付近の堰の外側に設置されている配管から30秒に1滴程度で水が滴下しているのをタンクパトロールが発見。このため、当該滴下箇所の下部に受け皿を設置。現場を確認したところ、当該配管はG4南雨水受けタンクから淡水化RO設備に移送するために施工中の配管であり、当該施工箇所の端部からの滴下であることを確認。滴下した水は、耐圧試験を実施した際のろ過水の残水であると判断。
福島第一原子力発電所構内G7タンクエリアにおける水の滴下ついて(報道関係各位一斉メール)
福島第一原子力発電所構内G7タンクエリアにおける水の滴下について(続報)(報道関係各位一斉メール)
淡水化RO設備とは、雨水処理設備の淡水化処理RO膜装置のことだと思われ。たとえば、2016年2月22日の「雨水処理設備等の増設の進捗状況」の項を参照。図中の淡水化ROとあるものを以前は淡水化処理RO膜装置と呼んでいた。


その他


地下水バイパス一時貯留タンクGr1のサンプリング結果
福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク分析結果(PDF 78.4KB)
8日採取分。東電、第三者機関のいずれの結果も運用目標をこえず。

構内排水路の排水の分析結果(2015年3月4日参照)。19日採取分。
福島第一原子力発電所構内排水路のサンプリングデータについて(PDF 286KB)


福島第一原子力発電所の状況について(日報)【午後3時現在】(プレスリリース)